グリストラップを清潔に管理する方法とは?

衛生的に保つポイントをご紹介

グリストラップは飲食店などの業務用厨房では欠かせない存在となっています。厨房の排水環境はもちろん、公衆衛生の面でも非常に重要な役割を担っているグリストラップですが、適切な管理がとても重要です。グリストラップの適切な管理ができていないと、破損の原因だけでなく、衛生面でもさまざまなトラブルに繋がってしまいます。 排水設備は厨房内でも基礎となるエリアのため、極力清潔に管理したいという方も多いでしょう。そこで今回はグリストラップを清潔に管理するポイントを詳しくご紹介します。

グリストラップとは

グリストラップとは、飲食店などの業務用厨房に設置が義務付けられている排水装置のことです。飲食店などの厨房から流れる排水は残飯や生ゴミ、油脂などの汚れが大量に含まれています。汚れた排水をそのまま流してしまうと下水管の詰まりや、自然環境への悪影響を与えてしまう原因となってしまいます。公衆衛生の観点からもグリストラップはなくてはならない装置となっています。
グリストラップは3層構造となっているのが大きな特徴です。1層目で排水と一緒に流れた残飯や生ゴミを分離し、2層目で油脂を除去、3層目である程度汚れが取り除かれた排水を下水へ流していくといった構造になっています。

グリストラップの管理が不十分だと悪臭や害虫の原因に

グリストラップは適切な管理がとても重要です。グリストラップの管理が不十分だと、汚れがどんどん溜まってしまい悪臭や害虫が発生する原因になってしまいます。とくに夏場などは、グリストラップからの悪臭はひどくなりやすく、狭い店舗などは店舗全体に臭いが広がらないよう注意が必要です。
また、生ゴミや油脂が溜まったグリストラップは、ゴキブリやハエなどの害虫にとって非常に住みやすい環境です。グリストラップが害虫たちの繁殖エリアとなってしまい、店内全体に広まってしまうといったケースも見られます。日頃からグリストラップを適切に管理することで、悪臭や害虫の発生を予防するようにしましょう。

グリストラップを清潔で衛生的に管理する方法

グリストラップを清潔で衛生的に管理するには、以下の対策を行うと良いでしょう。

こまめな定期清掃を徹底する

当たり前のことになりますが、まずは日頃からこまめな清掃を実施するようにしましょう。たとえば、バスケットや除去された油脂は毎日おこなうのが望ましいとされています。主に生ゴミを分離するバスケットですが、ゴミがたまると目詰まりが発生し、油脂を2層目まで送ることができなくなってしまいます。2層目で除去された油脂は放置しておくと悪臭の原因になるため、こまめな清掃が必要です。
週に1回程度の間隔で、底部に溜まった汚泥などの沈殿物を除去すると、衛生的にグリストラップを管理することができます。定期清掃を怠ってしまうと、悪臭や害虫の発生だけではなく、下水管の詰まりなどの原因となってしまい大規模な修繕が必要になってしまうことも想定されます。まずは基本的な定期清掃を徹底し、グリストラップ内を日頃から衛生的に管理することが重要です。

専用の清掃用品を使用する

毎日多くの厨房排水が流れるグリストラップは、どうしても頑固な汚れがつきやすく、日頃の清掃だけでは管理しきれない場所でもあります。また、グリストラップ付近は油汚れで滑りやすくなっているなど、生ゴミや油脂によってどれだけ毎日清掃していても、やはり臭いが気になるエリアです。清掃する際には極力安全で効率的に、かつ汚れもしっかり除去できるように作業を工夫する必要があります。
現在は、バスケットにかぶせるごみ取りネットや、グリストラップの清掃に特化した洗浄力の強い洗剤も販売されており、より衛生的に保つために人気を集めています。グリストラップ専用の清掃用品を使用することで、より衛生的で効率的にグリストラップを管理することができるのでうまく活用してみると良いでしょう。

専門の清掃業者に依頼する

グリストラップを衛生的に管理するために、数ヶ月に1回程度は専門業者へ清掃の依頼をするのも良いでしょう。専門の業者はグリストラップ専用の清掃用具や洗剤などを取り揃えており、普段の掃除では行き届かない部分の清掃もおこなってくれます。
同時に、グリストラップの保守点検なども行ってもらうことで、修繕箇所の早期発見や、故障のリスクなども特定することが可能です。グリストラップの故障や下水管の詰まりなど急なトラブルとならないように、定期的な業者への清掃依頼は有効な手段と言えます。

まとめ

グリストラップは公衆衛生を守る面でも非常に重要な排水装置です。厨房において普段は当たり前の存在として、グリストラップはその役割を果たしてくれていますが、しっかり管理がされていないとさまざまなトラブルの原因となってしまいます。日頃の管理はもちろん、定期的な保守点検も行うことで衛生的に保つことができるため、意識的に管理していくと良いでしょう。廃棄物の処理や保守の仕方などは、各市区町村で運用が決まっているので、自治体の指示に基づき管理していくように注意しましょう。 「ウィズ・ラボ有限会社」は、グリストラップを清潔に管理するための「サブタンク式油水分離自動回収装置」を取り扱っております。グリストラップについてお悩みのお客様を抱える工務店様は、ぜひ「ウィズ・ラボ有限会社」までお気軽にご連絡ください。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031